倉庫で加工する|ペット輸送が安全な手段|一緒に新しい家に住む
男性

ペット輸送が安全な手段|一緒に新しい家に住む

このエントリーをはてなブックマークに追加

倉庫で加工する

作業員

商品を販売するさいには、小売店で売られる状態にする必要があります。出荷の段階でそのようになっている場合には特に加工する必要はありませんが、そうでない場合には物流の課程で行う必要があります。特に輸入品などは輸送コストを下げるために販売できる製品の状態で送られてきませんので国内で加工することが求められます。これらは自社で行うのが以前は一般的でしたが、その場合には費用が掛かり、効率的とはいえません。このため物流倉庫での物流加工を利用するのが多くなっています。物流加工は、ニーズに合わせて小売店に販売するための再梱包やタグ付けなどを行ってくれますし、複数の品を詰め合わせてひとつの商品にするといったことが可能です。

物流加工を利用するメリットはコストです。物流加工で行われる検品や検針、組立・組付・加工、タグ付け・ラベル貼り、セットアップ、小分け・解体などを行う場合には自動化することは困難で人力で行う必要があります。これらを自社で行うためには多くの人を雇う必要があります。アルバイトや派遣を使うにしても教育する必要がありますし、また専用のノウハウも必要になるなどこれらに投資して十分な見返りを受けられるほどの効果を得られない場合には物流加工を利用する方がコストの圧縮に繋げることができます。一方で物流加工でも、その業者によって得意とする分野とそうでない分野があるため、選ぶさいにはそれらを考慮して依頼する必要があります。