保管と運搬をまとめる|ペット輸送が安全な手段|一緒に新しい家に住む
男性

ペット輸送が安全な手段|一緒に新しい家に住む

このエントリーをはてなブックマークに追加

保管と運搬をまとめる

段ボール

無駄なく納品

大阪は、神戸と並んで外国から輸入された荷物がたくさん入荷してくるところであり、一時的なストックポイントとしても重要な場所です。特に、大阪では、その後の物流の起点として、一時的の保管を行いながら、発注があった時点で出荷をする、ということが多く行われています。大阪の物流倉庫は、省力化の進んだところが多くなってきており、パレットをスイッチ一つで動かすことができるため、ほしい荷物をすぐに取り出すことができるようになっています。また、温度管理もカチカチに凍らせるための冷凍設備はもちろんのこと、チルドや冷蔵、常温、さらには、20℃といった温度管理ができるところもあり、顧客の要望にしっかりと対応できるようになっています。

融通が利く

一時的に物流倉庫に製品を保管している企業の中には、その後の運送業務も同時に行っているところがあります。この方法であれば、顧客はわざわざ自社のトラックで集荷に行く必要がなく、物流倉庫に指示を出すだけで、お客さんのところへ荷物を届けることができます。時間と人件費を削減することができ、倉庫会社と運送会社の両方への連絡、調整を行う必要がないというメリットがあります。緊急時になればなるほど、その威力を発揮することが出来、場合によっては、必要な検品を依頼することさえできます。こうした物流倉庫が大阪には多くあることで、各会社が切磋琢磨できており、利用者としては、高い次元のサービスを受けることができるようになっています。